わが社の運輸安全マネジメントの取り組み
輸送の安全に関する基本的な方針
1,
社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において
輸送の安全の確保に主導的な役割を果たすとともに、安全に関する法令を遵守します。
 また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえ
つつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという認識を徹底させます。
2,
輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に
実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することに
より、絶えず輸送の安全性の向上につとめます。
また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。


輸送の安全に関する重点施策
安全方針に基づき、次に掲げる事項を実施する。
1, タコグラフのチェックと個別指導を徹底します。
2, ドライバ−の健康診断の計画的な受診と個別指導を徹底します。
3, 運転適正診断の受診と個別指導を徹底します。
4, 運転記録証明書の取得(全員)と個別指導を徹底します。
5, 日常点検の適切な実施(3ヶ月点検で初めて発見するのではなく、日常点検で発見できるようにする)と個別指導を徹底します。
6, ドライバ−の安全教育指導を徹底します。(貨物自動車運送事業輸送安全規則10条第1項、第6項、第7項関係)
平成18年10月1日 制定
平成24年 4月1日 改定
岩倉海陸運輸 株式会社 
代表取締役社長 三上 慈誉